バイヤグラってどんな副作用があるの?

バイヤグラってどんな副作用があるの?

バイアグラが世に出たとき、夢の薬ともてはやされたことは実に20世紀終わりのことであり、意外と新しい薬であることがわかります。男性の性欲と女性の性欲は悲しいことに最高潮の時期が釣りあっておらず、若い頃はヤリたくてたまらなかった男性は徐々にその機能を失っていき、男性のヤる気がなくなって頃で女性の性欲は激増するというデータがあります。

 

とはいえ、セックスとは人類最高のコミニケーションのひとつであり、夫婦間で一切の行為がなくなってしまうとちょっと家庭的にもヒンヤリとした空気が流れてしまいます。そこで夢の薬、バイアグラの登場。しかし、画期的な薬だとはいえ、薬というものにはどうしても副作用がついてまわるものです。

 

まず、バイアグラとはもともと勃起薬としてではなく、狭心症の薬として開発されたものなんです。その効果は血管の拡張によるものなのですが、狭心症そのものより勃起不全に効果があるとして発売されたという経緯があります。そして勃起のメカニズムとは陰茎の海綿体に血流が流れ込むことにより起こるものなんですね。

 

ですから、頭痛、ほてり、鼻づまり、動機などの副作用が起こることもあるんです。また、もともと狭心症の薬を飲んでいるものと併合してしようしてしまった場合は行為の最中に腹上死してしまった、なんて事例もあります。憧れの男の死にざまではありますが、やっぱり生きていてこそ、ではありますよね。バイアグラは用法、用量を守って使用するようにしましょうね!

 

バイヤグラってどんな副作用があるの?

 

バイヤグラ通販


連絡先&注意事項