バイヤグラを飲むと副作用で動機がおきるの?

バイヤグラを飲むと副作用で動機がおきるの?

そろそろ自分の息子にやる気が出なくなってきたなあ……そうだ!バイアグラを試してみよう!なんて思っている方は多いですよね。中高年の男性が飲むイメージがあるバイアグラですが、最近は若い方でもプレイをもっと楽しもう、とかもっと元気になりたい、なんて方も使っているようです。

 

しかし、バイアグラというとどうしてもついてまわるのが「バイアグラを飲むと動悸、息切れが起こる」という話。こう聞くと大抵の方は「なんだか怖いからやめておこうかな……」なんてことになりがちですが、ちょっとまってください。「幽霊の正体見たり枯柳」なんて言葉が昔からあるように、実際のところ原因とメカニズムさえわかってしまえばそうそう恐いものではありません。

 

確かにバイアグラの副作用には動悸、息切れがあることは事実です。しかしそれは当然のことで、そもそもバイアグラとは勃起薬ではなく狭心症の薬として開発されたものなんです。狭心症とは高血圧によって血管が詰まり、それによって心臓に負担がかかるという病気です。

 

つまりバイアグラは血圧を下げる効果を元々は主眼として開発された薬なのです。血管を拡張し、血流の流れをよくするということと、動悸が起こることはセットのようなものなんですね。どうしても動悸というと高血圧のイメージがありますが、いきなりの低血圧状態によっても起こるものなんです。個人差はありますが、だいたい5分ほどで収まるものですので、飲む際には覚えておいた方が良いことのひとつですね。

 

バイヤグラを飲むと副作用で動機がおきるの?

 

バイヤグラ通販


連絡先&注意事項