バイアグラって元々EDの薬じゃなかったって本当ですか?

バイアグラって元々EDの薬じゃなかったって本当ですか?

バイアグラ、というとどういったイメージをお持ちですか?精力剤、勃起薬……いずれにしても性にまつわる印象をお持ちの方がほとんどだと思います。しかし、バイアグラは元々勃起不全の薬として世に生を受けたわけではないこと、ご存じでしたか?

 

というのも、バイアグラは本来、狭心症という病気のために薬として開発されていたものだったのです。狭心症とは、胸部の血管に正常に血液が流れず、痛みを伴うこともある病気のことです。バイアグラが勃起不全に効くメカニズムとは、血流を良くすることで勃起を促すというもの。

 

この効果は元々狭心症のためのものだったのですね。ですからバイアグラの副作用として挙げられる、動悸や息切れ、頭痛や顔のほてりなどは血管が急激に拡張されたことにより起こるもの、というわけなんですね。

 

ところがなぜ狭心症の薬として開発されたにも関わらず、結果として勃起不全の薬になってしまったのかというと、少しおもしろい話があります。薬を開発する段階で「治験」とって人体に実際に投与するというプロセスがあるのですが、被治験者は治験期間が終わり次第薬を返還しなくてはなりません。

 

しかし、バイアグラの前身である薬を飲んでいた方は、なんとその返還をしぶったというのです。理由を問いただしてみると「陰茎が固くなったので自分で使いたくなった」ということでした。それが元になって現在のバイアグラの形となった、というわけなんですね。狭心症から勃起不全の薬という異例の経歴を持ったバイアグラですが、血流の改善、という点でみれば納得ですよね。

 

バイアグラって元々EDの薬じゃなかったって本当ですか?

 

バイヤグラ通販


連絡先&注意事項