バイアグラの副作用で頭痛が起きるって本当?

バイアグラの副作用で頭痛が起きるって本当?

バイアグラを使ってみたいけれど副作用が怖くて……という方、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。確かに第一医薬品であるバイアグラには色々な副作用が確認されています。バイアグラの副作用でたびたび耳にする「頭痛」というのはもともポピュラーかつ想像がしやすいせいか、ちょっとしり込みしてしまうのは頷けることです。

 

しかし結論からいえば、バイアグラを服用した全員が全員、頭痛を感じているわけではありません。もちろん、個々人や状況によって起こるケースはありますが、全体の事例としては稀な部類なんですね。

 

とはいえ、バイアグラが頭痛を起こす可能性があるのは当然と言えば当然なのです。誤解を恐れずに言えば、「薬の副作用は当然のこと」とも言えます。良薬口に苦し、と昔の人はうまいことを言ったものですが、何か絶大な効果を得るときにはそれなりの対価があるものです。

 

そもそも、バイアグラは「血管を拡張する薬」なんですね。ペニスを勃起させるためには海綿体に血液を送り込む必要があり、そのために萎縮した血管を拡張する、というのがバイアグラの効果です。しかし、血管を拡張するということは神経を圧迫する恐れもあるということ。

 

お酒を飲んで頭が痛くなることと、メカニズム的にはあまり違いはありません。頭皮の血管がアルコールによって拡張されることであの頭痛は起こるのですから。とはいえ、アルコールに比べればはるかに頭痛になりにくく、その程度もかなり小さいものですので、安心してくださいね。

 


連絡先&注意事項